2013年・試合動画

試合動画 MIO東近江 vs グラヴィス トレーニングマッチ

 vs グラヴィス 2-1 得点者 佐川、今井

芽ッツ!!雄しいシュート、お地着く、敬っ構点取る、ツヅキはマイボールから、喬もす­ぐカバー、背中も海のように見える、前茂後ろ茂プレス、相手攻撃の芽をダイレ摘み、真­だあきらめない、摘む失点の芽、問題点×3、隆がごとく、失点、問題、味方へ、ゴール­へ結ぶパス、雄効な相手ボールをダイレで、喬も点取る、落ち着かざる時もお地着かせ、­「ナイスボール」の発晟、PKの経験地 



      結   真


 隆             敬


      地   雄


 仁             胤


      芽   喬

        茂


コーディネーション能力

久々の動画アップです。

今の2年生主体のチームになり動画を撮ってあげたいと思ってはいたのですが何せ人数がギリギリでビデオ撮影に回す人手が足りず久々の動画アップとなりました。


試合中にどうこう言う事は少ないですが撮った試合のビデオを見ながらその状況を

「どう思うか?」「どうするべきだったか?」「何を考えたか?」という反省は該当する選手と2人でするので


ビデオ撮る機会が少ないとどうしてもその場で言う事になるし、それではイメージが掴める選手はいいのですが、

そうじゃない選手は「????」って顔にどうしてもなっちゃいますしね。


他にも選手によっては分かってもないのに「ハイッ!!」って簡単に答えますからね笑


今後は現3年生やこの試合でも小学生が参加してくれましたがそうやってビデオを撮る機会を増やしていきます。



当日、この試合の後に淡海FCさんともトレーニングマッチを行ったのですが

その保護者に僕が現役選手の時にお世話になったフィジカルトレーナーの方がいらっしゃいました。


サンガや大宮、現在は北九州でJリーガーの体のコンディションを整えるプロの方です。

まさか蒲生グラウンドで会うことになるとは思ってもいなかったので僕も相手の方もびっくりしました。


淡海FCさんとの試合はメンバー、ポジション、戦い方全て選手に任せていたので

2人で脇からずっと試合を観戦していました。


自分たちだけで試合に取り組んだからかvs淡海FCの試合はとても声が出ていて動きも良かったですね。

そのフィジカルトレーナーの方も選手の動きを褒めてくださっていました。


中でも敬太郎君の「コーディネーション能力」を高く評価してくれていました。

コーディネーション能力とは簡単に言えば体の部位と部位の連動性のことです。


普段サッカー関係者と試合を見ながら話をすると身体能力の高い選手やボール扱い能力の高い選手の名前が挙がるのですが

うちのチームでも小さい方の選手である敬太郎君を、しかも体の動きの連動性から見てもらって、褒めてもらう。

・・・・・・何か面白いなぁと思いました。


当然、身体を見るプロですので僕らとはサッカーを見る観点が違うのは当然なのですが

そういった見方もできるんだなぁと他の話も含めとても勉強になりました。


何はともあれ敬太郎君が北九州に連れて行かれなくて助かりました笑





来季は2部リーグで

3種リーグの会議がこの試合の日の夜にあったのですが

会議に出て話を聞いていると去年の3部リーグの結果と今年からのチーム数の設定の変動などによって2部リーグに昇格しました。

2部リーグの結果によっては高円宮杯でシード権がもらえるとの事ですので毎試合、毎試合選手の向上をベースに

全力で戦って、その結果シード権を取得という流れになりたいです。

3種リーグはこの12月~3月までが前期。4月~7月が後期。前後期を合わせた成績ですので

3月までは選手達も大変だと思います。ですが追い込まれた中でのポテンシャルの発揮に期待しています。



保護者の皆様

いつも応援や送迎等ご協力ありがとうございます。

2月に入ってからになると思いますが今季もまたリーグ戦など試合が始まります。

試合も含め練習においても日々向上するべく選手共々頑張りますのでまた応援等よろしくお願いします。














 

どうせ同じ時間を過ごすなら・・・・・(^○^)

2013/7/6 TM vs 栗東FC

今回は流しでアップロードしています。

1本目のメンバーは  http://youtu.be/vaPQx0gXzt0
        テル
 けい    りく    龍
    きいち   喬
  西  大   丈    海
        ヒロキ


2本目のメンバーは    http://youtu.be/46isi-utGqE
        テル
 龍    りく    拓
    きいち   喬
  コバ  大   丈    西
        ヒロキ


3本目のメンバーは     http://youtu.be/oRJB6O-J62c
        雄
  隆    林    拓
    翔   昌
 胤  コバ   芽   真
        茂


4本目のメンバーは     http://youtu.be/8dBkNxa3qrc
        林
 隆     雄    けい
    りく    拓
 仁  コバ  芽    真
        茂



■強いチーム・個人には・・・・・
何が必要か?

もしくは チーム・個人を向上させ続けるには何が必要か。



以前、陸上日本一の中学校先生に話を伺いに行ったことがあります。


当然たくさんの事がありますが今日はその中の1つ、チーム雰囲気。

それには

・お父さん的指導(雰囲気)

・お母さん的指導(雰囲気)

・兄弟的指導(雰囲気)

の3つが必要だという事でした。


お父さん的指導とはいうなれば「昭和のおとうさん」です。

お父さんが「やれ」と言ったことは絶対やる!すぐやる!

やらないと怖い、怒られちゃう。という雰囲気です。



お母さん的指導とはいうなれば「理解者・諭す者」です。

「あなたが苦しいのは分かるわ。でもお父さんがなぜあんなに厳しい事をいうのか分かる?
あなたが将来困らないために今こんなに厳しい事を・・・」

というような理解や同調をしてあげる存在、雰囲気。


兄弟的指導とはいうなれば「盛り上げ役」です。

「どうせ同じ時間を過ごすならダッシュでも元気よくやろうぜ~(^○^)」
「勝とうぜ!頑張ろうぜ~(^○^)」

というような存在、雰囲気。


これが選手、もしくはチームが伸び続けるために必要なことと言われていました。

この雰囲気はコーチだけで3つの雰囲気を作るということではなく

選手に兄弟的な選手がいる場合はスタッフはお父さん、お母さんの雰囲気を持てばいいらしいです。

選手にお父さん的な選手がいる場合はスタッフはお母さん、兄弟を担う。  

面白いですね。



実はこれ荒れた学校を立て直す場合も一緒らしいです。

お父さん→生活指導の先生

お母さん→保健室の先生

兄弟  →担任の先生 or 生徒


さらにいうと家庭でも同様らしく

お父さん的な雰囲気のみだと子供が心を塞ぎがちになり

お母さん的な雰囲気のみだと引きこもりになりやすくなると話されていました。


人間にはホメオタシスといって現状に留まろうとする性質があるのでお父さん的指導はその枠から上に外していくためにと考えれば理に適っています。

人間は同調、理解されることでやる気が起こる、行動ができるのでそういう意味でのお母さん的指導でしょうか?

兄弟的指導は何にあてはまるのかな?


突き詰めて解明しきれれば本が一冊書けそうですね!!



当然リアルの選手にはそれぞれ個性があり3つ揃っていようが接し方が全て一緒ではダメです。


ただこういったことを頭の片隅に入れながら目の前の選手が一番伸びるように接して、提案して、考え考えさせ、

自分で工夫しながら上達の味をしめ、さらに上に・・・・となって欲しいです。
























試合動画 MIO東近江 vs アズー甲賀 クラブユース選手権 in ビックレイク

vs アズー甲賀 2-3 得点 高沢 伊原

そのパスを斜めに出せるパス晟ンス。龍はしなやかに、テルは激しくボール奪取。はし龍、と龍、その先にきいち、拓のゴール前〇。。毅の利くダイレパス、毅の利く声。サンキューby海仁。ヒーローが上げるパスと激しさのチーム基準。トラップ前のちょっとした工夫。真樹をうならせるターン!昌おしゃれ。こ・・・ばかうめぇ!そのコース取りができる晟ンス!残り15分でも出す敬っ果!パスパスパスパスの元となる茂。拓哉が2列目から飛び出して!!


     晟  龍                    晟  

 昌         拓            昌         拓

   きいち 大          →       きいち  翔

 コバ         地           コバ           地

    翔   テル                  大   テル

      茂                        茂
 



 
大会中のガム
MIO東近江の選手がこのクラブユースの試合中にガムを噛んでいて試合後に大会側から試合中にガムを噛む行為は止めてくれと言われました。

私は実はこのチームにおいて練習中、試合中ガムを噛む行為を許容しています。

なぜならば私はサッカーに限らずスポーツは結局、「脳」だと思っているからです。

脳を働かせるうえで噛む行為はとても効果的です。

歯と脳のふか~い関係


噛む行為はリラックス行為もあります。
沼尾デンタルクリニック 噛むことの効用


でもその反面、見た目が悪い・他人に不快感を与える等あるとは分かっています。
実際今回のように大会側は止めてほしいと言ってきました。

それでも私は選手にはガムを噛む行為を今後も許容していくつもりです。
(注意を受けた後、この大会中はガムを噛むのは止めようと話しています。) 

サッカーはストレス・プレッシャーの多いスポーツです。
選手たちはピッチで相手と戦う以前にまず自分との戦いに勝ってピッチに上がらなくてはなりません。

クラブユースでは緊張しない選手もいるでしょう、いつもスタメンで出ている選手は緊張しないかもしれません。

でもここでプレーしている選手が決勝まで残ったとき、もしくは高校生になり国立の舞台に進んだとき、トレセンの選考会に最終まで残ったとき、その他自分の本当に大事な試合を迎えたとき、試合直前に同じポジションの選手がけがをしていきなりスタートのピッチに立つことになったとき、

周りの人間がその選手に何をしてあげれるでしょうか。

声をかけてあげる・・・・・・・・・・・・・・・当然、声をかけてあげるのは良いと思います。
でも試合中、外から「リラックスしろよ」ではその選手を助けてあげることはほぼできないでしょう。

私はやっぱり前もってリラックスする、もしくは集中するテクニックを教えてあげるべきだと思います。
教えてあげる、実践させることで私はその選手を助けてあげたいと思っています。

実際、ガムを噛むだけでなく色々なテクニックがあります。
中学生年代なので色々な方法を試して、自分に合う方法を探していけばいいと思います。
現にチームでも全員がガムを噛むわけじゃないです。
自分に合うと思っている選手がやっているだけです。

私は選手には君が君であることが素晴らしい。という話しをしています。
とても良い物を持っているのに緊張やプレッシャーでその選手がその選手らしくプレーできないのは
すごくもったいないし、そういう選手、そういう状態に陥った選手は本当に助けてあげたいですし、
寄り添ってあげたいですね。

緊張すると息が荒くなります。
深呼吸が合う選手は先に息を吐くことで緊迫した状況でも深い呼吸ができます。

緊張すると地に足がつかないといわれます。
空手や合気道でいう所の「気」を使ってみればいい。
丹田といってへその下の部分に力を込める。お尻の穴に力を込める。
そうすることで地に足がつき、動じなくなる。

緊張すると頭が真っ白になり感覚が鈍ります。
体に痛みを与えてあげればいい。つねったり、刺したりすることで思考の正常化につながります。

緊張すると変に力が入ります。
「力を抜け」では力は抜けないんです。
その時は一度力をグッと入れてから抜いてあげると力は抜けやすくなります。

緊張すると物事に対する集中力が低下します。
小さい音に聞き耳をたてる。針の先端を見る。炎の先端を見る。
など一つのことに集中することでパッと集中しやすくなります。

緊張するのはその場が慣れないから・・
試合の一週間前から寝る前などにビックレイクでプレーする自分、ピッチに立つまでの一日を想像してあげる。(写真を見ながら・動画を見ながら)
4,5日するあたりにはその状況に慣れていますよ。

ガムもその中の一つ。
昔ワールドカップで城選手がガムを噛んでいて批判されましたが、
精神科医やメンタルトレーニングの世界ではむしろ評価されています。
大会前にカズ選手が外れ、監督に名指しで自分中心で行くと言われたワールドカップ。

当時23歳の城選手はどのような心境で試合までの一週間、試合前日を過ごしたでしょうか?
試合前は?

ワールドカップに臨む城選手と同じくらいの気持ちで中学生がクラブユースに臨んでいたとしたら
ガムだけじゃなくいろんな方法を試しながら試合に臨んでほしいです。

 

 

試合動画 MIO東近江 vs FOSTA クラブユース選手権 in ビックレイク 2013・5・3

vs FOSTA 3-6 得点 石橋2 寺田


 


     晟  龍                    晟  りく

 昌         拓            けい         敬

   きいち 大          →       きいち  昌

 西         地            西           地

    翔   テル                  喬   テル

      茂                        茂






クラブユース選手権が2日間で終わりました。
4戦4敗でした。

結果的には残念でしたが選手たちは本当に上達している事を実感しました。
FC SETAとの対戦では体格的な差が大きくあまり良い場面は見れませんでしたが
それ以外の試合に関しては1位抜けしたFOSTA相手にも
自分達でボールを保持したり、崩そうとしている場面が見られて一人ひとりの選手の
レベルアップを感じました。

実際ほかのチームの監督等数人から
以前より選手上手くなっている、良くなっていると声をかけてもらいました。
負けているチームを評してそう言ってもらえることはよほどだと思うし
選手たちは自信を持っていい事です。

ただ結果が出なかったことに対し選手自身も私自身もしっかりと受け止め
前進していくべきだし、そうすることである程度近いうちに結果もついてくる
段階に来ています。

ここからは自分たちで崩し切る形、回数の向上。
個人で守る強さ。
がキーになってくるし、ここからできてくるでしょう。

選手たちはやることも練習も今までより楽しくて複雑でまたひとつ伸びていくと思います。
一人でも多く想像以上に伸びる選手が見れるのが楽しみです。
 

試合動画  MIO東近江 vs 近江兄弟社中学 3種リーグ in 彦根競技場 13/2/3

vs 近江兄弟社中学  3-2  得点者  池田2 伊原


ずいぶん丈夫。晟につられて裏に拓。良いパス、良い飛び出し、良いシュート。空間の見つけるならず作っていく。そのセンス地に溜まる雨水がごとく。冷静と情熱ならぬ華麗と強引の間。ボランチの翔び出し。まくとさ。GKからの攻撃。チンチンにするマーチン。守備から攻撃きいち経由。教科書に載せたい拓のボールの持ち方運び方。だけど最後にはヒロキ。タクターン。パススピードで敵を消すヒーロー。教科書に載せたい拓のボールの持ち方運び方2。晟の伊いクロス。ボランチの翔び出し2。教科書に載せたい拓の飛び出し。

   
      りく

昌            拓

      晟

   きいち   翔

コバ           地

    テル  丈(喬)

      ヒロキ


この試合で3種リーグ3部の前半期が終了しました。
結果は8勝1分けで1位となっています。

リーグ以前にはボールを失ったとしてもほぼ自由に狙えれば前を狙って戦ってきた試合から一転
リーグ戦開始から

「それによって得点が取れないとしてもボールを保持する」
「それによって失点したとしても守備は前からいく」 

というテーマに沿って選手達にはリーグ戦を戦ってもらいました。

以前からマイボールを大事にする意識が希薄という問題を抱えており試合前などに言葉で伝えるだけではあまり改善が見られなかったので極端に

「それによって得点が取れないとしてもボールを保持する」

というテーマで2012年の年末までやっていきました。


年明けから
「ボールを大事にしながら相手コートで勝負できたら自分で勝負する」 
という事で
拓哉君や喬祐君など非常に良いプレーを見せてくれるようになりました。

チームとしてやろうとしていることを考えながら試合で活躍するために、試合に出場するために選手それぞれが努力していく。

当然、選手ならば試合に出たいというのが大きいですしそのために頑張るのもとても良いことだと思います、ただこの中学生という年代では試合の出場に身体的(発育)な影響も大きく関与してきます。

試合に出ることだけにとらわれず、まずはボールを意のままに扱える技術、ボールを扱うことによって体のバランスを崩さない動作、感覚、準備などの意識。それらによってボールを保持できる事。

身体的な差が縮まる時を見据え
そういう所を自分なりに考え、工夫し、試しながら追及しましょう。

僕自身も含めスタッフ、選手一緒に試合に出る出ないを含め能力を伸ばせるよう進めていきます。




livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ